忍者ブログ
since2008/08/09
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例大祭お疲れさまでした!
そして来てくださった方々、本当にありがとうございます!!

とか言いつつもう3週間くらい過ぎてるという。。
あまりにもひどい。。。^p^
そして今日はブラックスワンの感想なんだ。。へへ。。。


ついに噂の『ブラックスワン』観てきました!
どんな映画かはよくわかんないで観に行きましたが、
すごくよかったです。
というかよく構成したよなぁと。
設定の出し方とかリズムとか、
なるほど!と思って観てました。
この映画、どうやら怖らしい、というのは
風の噂(ツイッター)で知っていたのですが、
なるほど確かに怖かったです(笑
そしてその怖さの調整具合が見ていて面白かったです。

主人公の心理描写、周りとの関わり合い、
そしてそれに付随する怖い描写
そのテンポとかリズムとかがとても参考になりました。
(真似できるかというと難しいと思いますが
軽めのストレスからはじまり、展開が進むにつれ内に内に、と
どんどん負荷がかかっていきます。

主人公・ニナは一流バレエ団のバレリーナなのですが、
冒頭で『白鳥の湖』の主演に抜擢されます。
そのチャンスをものにしようと奮闘するのですが、
なかなかうまくいきません。
そんな中、自身の身を脅かすライバルが現れます。
彼女は自分の不得手な部分を得意とし、
周りから評価を得ています。
まずい!このままでは彼女に主演を奪われてしまう!!
そんな恐怖心が胸をよぎります。
しかし、うまくできない!
ストレスは溜まる一方。
そしてそれは、次第にニナの心を蝕み、壊していきます。
徐々に被害妄想に囚われ、
現実と妄想の別がなくなっていくニナ。
何が現実で何が妄想なのか、
彼女の頭の中はどんどん混線していきます。
それでも容赦なく振りかかるストレス。
彼女にそれを解消する術はありません。
そしてストレスもピークに達しようというところで、
『白鳥の湖』 初演の日になります。

正直僕は、この主人公もうダメだろうと思いました。
完全に追い詰められ、ぼろぼろになり、
幻覚も見えています。
どう考えても正常じゃない。
舞台に立てるコンディションじゃありません。
しかし行きます。自分の役を取られたくないから。
誰にも主役は渡さない!という執念。すさまじいです。
そして本番。幻覚や妄想に囚われながら演じます。
どこまでが現実でどこからが妄想なのか、
僕にはわかりません。
しかし目の前で展開していく出来事に、彼女は
どんどん追い詰められます。
追い詰められ、追い詰められ、追い詰められ、
苦しみ、歪み、もがき、
そして全てを破壊します。
そして全てを放ちます。

最後の最後で彼女は最高の演技をしました。
観客はすっかり魅了されています。
素晴らしい!エクセレント!!!
拍手と歓声は鳴り止むことを知りません。

そう、彼女は辿り着いたのです。さらに高い領域に。

それはそれは素晴らしい、この上ない幸福です。
彼女は希望を掴みました。



と、書いたはいいけど、これ感想?
自分でもよくわかりません(笑
けど、ブラックスワンは暗い話でも絶望的な話でもない、
希望を得る話だ!
というのが僕の意見です。
確かに、重く、苦しい話かとは思いますが、
最後に見えるのは希望です。
ニナがエンディングの後、死ぬのか生きるのかは
わかりません。
しかしもし生き残ったのならば、
その後、とても素晴らしい演技をするのではないでしょうか。
彼女は最後の最後にコツを掴みました。
それは本当に本当にかけがえのない物で、
とても大きなエネルギーを秘めています。
これを生かすか殺すかは彼女次第ですが、
きっと彼女なら生かしてくれることでしょう。

そういう未来を想像します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]